スキップしてメイン コンテンツに移動

【Googleマップ】ルート検索①「目的地までのルートを検索する」


今回はGoogleマップの基本操作である「目的地までのルートを検索する」方法について解説していきたいと思います。
Google マップを確認しながら、以下解説の手順の通り操作してください。




交通手段の選択について

目的地までのルートを検索したい時、交通手段を選択することは、意図したルートの検索結果を表示する上でとても重要となります。
本来は徒歩で目的地まで向かう予定のところ、交通手段を選ばずにルート検索を行い、自動車を使ったルートが表示されてしまっては、せっかくの検索が残念な結果となってしまいます。
ルート検索結果を表示した後に交通手段を選択することも可能ですが、まずは、どのように交通手段を選ぶことが出来るのか確認してみましょう。

Googleマップで選択できる交通手段のタイプは以下の通りとなります。
目的地までの交通手段が決まっている場合は、なるべく交通手段を選んでルート検索をするようにしましょう。
※地域や交通手段によってはルート検索を利用できない場合がありますのでご留意ください。

また、Google Maps APIを使用してルート案内の機能を実装したい場合は、Google Maps Directions APIMaps JavaScript API のDirectionsService オブジェクトを使用します。
それぞれのDirectionsには交通手段によって定数(TravelMode)が定められているので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

名称 Google Map APIで使用する定数(TravelMode) 詳細
DRIVING(デフォルト) 道路網を使用した標準の車のルートです
電車・バス TRANSIT 公共交通機関を使用するルートです
(※可能な場合)
徒歩 WALKING 歩行者専用道路と歩道を通る徒歩ルートです
(※可能な場合)
自転車 BICYCLING 自転車専用道路と優先道路を通る自転車ルートです
(※可能な場合)
飛行機 飛行機を使用するルートです
(※可能な場合)

徒歩と自転車のルートには、明確な歩行者専用道路や自転車専用道が含まれないことがあるため可能な場合のみ選択ができます。
地域によっては公共交通機関の乗換案内が利用できない場合があります。また乗換案内の表示は、現地の公共交通機関によって Google マップに路線情報が追加されていることが前提となっています。
※フライト情報はスマートフォンやタブレットでは利用できません。

では、早速ルートを検索する手順を見ていきましょう。

目的地までのルート検索について


1Google マップの上部検索メニュ(テキストフィールド)の右横にある矢印アイコンをクリックします。

※Googleマップをイメージした自作コンテンツで操作手順を解説しています。
地図画像の使用については【GOOGLEマップ】 地図の共有、埋め込み方法についてを確認してください。



2画面左側にルート検索のメニュが表示されます。

まずは交通手段を選択しましょう。
ルート検索のメニュ上部にアイコンが表示されているのが確認できます。
左のアイコンから順に「おすすめの交通手段」「車」「電車・バス」「徒歩」「自転車」「飛行機」と並んでいます。
アイコンにマウスを乗せる(ホバーする)と、説明が表示されるので確認してください。

それから出発地を決定します。
「出発地を入力するか、地図をクリック...」というテキストが入っている場所に、出発地を入力してください。もしくは、地図をクリックしてください。
地図をクリックするとクリックした地図の位置情報から住所を取得し入力されます。
※住所から位置情報を取得することを「ジオコーディング」と言い、位置情報から住所を取得することを「逆ジオコーディング」と言います。Google Maps APIではよく使用するので、覚えておくと良いでしょう。

次に目的地を決定します。
「目的地を入力するか、地図をクリック...」というテキストが入っている場所に、出発地の時と同様に入力もしくは、地図をクリックしてください。目的地が決定されると、ルート検索が開始されます。

ルート検索結果は、地図上に出発地から目的地までのルート(ライン)が表示され、画面左側のルート検索の下にルート検索結果の詳細説明(ルート、時間、距離)が表示されます。


※交通手段は、出発地と目的地を選択した後でも変更することが可能です。(交通手段が選択可能な場合に限る)
交通手段を変更することで、ルートの表示が変わることを確認してみましょう。

ルートの詳細を確認する

ルート検索結果の詳細説明は、まず大きな道路や道、通りで区切られます。さらに詳しいルートを確認するには、表示された道路や通りの名前をクリックしてください。
クリックすると、青い字で「詳細」と書かれたテキストリンクが表示されます。
このテキストリンクをクリックしてみましょう。
選択した道路や通り内の詳しいルート案内(左折、右折、東に進む等)と各案内位置までの距離、時間が表示されます。

また、地図上に表示されたルート案内(ライン)をよく見てみましょう。
曲がり角の部分に小さな丸いアイコンが表示されていることが確認できます。
このアイコンにマウスを乗せる(ホバーする)と、「右折する」や「左折する」などの案内テキストに合わせて、曲がる場所のストリートビュー写真も表示されます。

画面左側のルート検索結果の詳細説明(例えば、「右方向へ進んで都道302号を進む」)をクリックすると、地図がその場所まで移動ズームし、進行方向の矢印が表示されます。
クリックではなく、マウスを乗せる(ホバーする)と、地図上のルート案内(ライン)にアイコンが表示され、どこの場所のルート案内をしているのか分かりやすく表示します。
ルート検索結果の詳細説明を一つずつクリックすることで、出発地から目的地までの動きを確認することができますね。
ここまで詳しくルート案内の表示が出ると、道に迷うことなく目的地まで辿り着けそうです。

今回は、目的地までのルートを検索する方法を簡単に解説しました。
ルート検索には、多くの詳細機能が備わっているので、次回さらに詳しく解説していきたいと思います。

まずはGoogleマップでルート検索がどのように表示されるかを確認しましょう。