スキップしてメイン コンテンツに移動

【Google My Maps】ラインやシェイプを描画する

今回は、Googleマップに備わっている機能の一つ「マイマップ」の操作の中から、「ラインやシェイプを描画する」方法について解説します。

新しい地図の作成から、場所の追加、他の人への共有、移動経路やラインやシェイプを追加など、マイマップに備わっている機能については、今後数回に分けて解説していきたいと思います。
これまで以下の通り解説をしました。
1.マイマップについての概要
2.地図の作成方法
3.地図を開く、削除する
4.地図の外観を変更する
5.地図にマーカーを追加する
6.地図にルートを追加する
7.距離や面積を測定する

既存の地図または、新しく作成した地図にルートやシェイプを追加していきますので、まだ地図を作成したことがない方は、まずは地図の作成からはじめてみましょう。

※このサイトでは、Googleマップをイメージした自作コンテンツを使用しています。
地図画像の使用については【GOOGLEマップ】 地図の共有、埋め込み方法についてを確認してください。


ラインやシェイプを描画する

1マイマップにログインする
まず、Googleアカウントでマイマップにログインします。
マイマップを使用する際の推奨ブラウザはGoogle ChromeFirefoxSafariとなっています。
※推奨されているブラウザを使うようにしましょう。

マイマップにログインすると以前作成した地図が、「自分が所有」の項目の一覧に表示されていることが確認できます。 ラインやシェイプを追加したい既存の地図または、新しく作成する地図を開きましょう。
※まだ地図を作成したことがない場合は、地図を作成するを参考に、新しく地図を作成してみましょう。



2マイマップの地図画面を開く
地図を選択すると、マイマップの地図画面に遷移します。



3ラインやシェイプを追加する
中央上にアイコンが設置されています。そのアイコンの中にある「ラインを描画」アイコンを選択し、表示されたメニュ項目の中から「ラインやシェイプを追加」を選択してください。



追加するレイヤを選択し、地図上でラインやシェイプの描画開始ポイントをクリックしましょう。

ラインまたはシェイプの各ポイント(曲がり角やカーブ)をクリックして描画していきます。
マウスでドラッグすると地図を移動することができます。
描画を終了する場合は、ラインの最終ポイントをダブルクリックしてください。
シェイプの場合は、開始ポイントをクリックして閉じましょう。


4ラインまたはシェイプに名前を付ける
描画が終了すると吹き出しが表示され、名前と詳細情報を入力することができます。分かりやすい名前を付けましょう。
名前を入力して「保存」すると、登録が完了となります。


以上がラインやシェイプを登録する方法となります。
とても簡単にラインやシェイプを追加できることが分かりましたね。
シェイプを地図に追加した後は、通常「ポリゴン」と呼ばれるので合わせて覚えておくと良いでしょう。

それでは登録したラインやシェイプを編集、削除する方法をみていきましょう。

ラインやシェイプを編集、削除する

地図上に登録したラインまたはシェイプを選択しましょう。
選択すると名前をつけた時と同様、吹き出しが表示されます。
この吹き出しの右下にあるアイコンから編集をします。


1.ラインまたはシェイプの色を変更します。
2.ラインまたはシェイプの名前、詳細情報を編集します。
3.ラインまたはシェイプに画像の情報を登録します。
4.ラインまたはシェイプを削除します。

色を変更する場合、詳細設定としてラインやシェイプの透過度や枠線の幅を指定することができます。
地図上に登録されるので若干透過させた方が綺麗に見えます。
全体のカラーバランス等も考えながら、ラインとシェイプを作成し保存してみましょう。

地図にラインやシェイプを描画する方法の解説は以上となります。

マイマップのサンプルにあったのは、探検マップです。
行った場所、経路を地図上に描画しています。
文字だけで説明しているものに比べて、地図上に描画すると視覚的に大変分かりやすいですね。
マーカーとラインやシェイプ、そして写真等を合わせることで、多彩な表現をすることが可能になります。
ぜひ参考にしてみてください。

European Exploration and Discovery